マウナ・ケアのゴルフコース

マウナ・ケアのゴルフコース

マウナ・ケア・リゾートにある二つのゴルフコース、
ハプナゴルフコースとマウナ・ケア・ゴルフ・コースは、
ともにマウナ・ケア・リゾートの充実し大きく貢献しています。

1992年にハワイ島では比較的新しいゴルフコースのひとつである
ハプナゴルフコースがオープンし、既存のマウナ・ケア・ゴルフコースも
2009年にリニューアルオープンしました。

レストラン、サウナ、ロッカールームなどを完備したクラブハウスは、
さすが日本のプリンスホテルが運営するゴルフ場ならではの充実ぶりです。

ハプナゴルフ場は日本語ゲストサービスもあり、
日本人にとっては何かと安心できます。

アーノルド・パーマーによる設計のコースはそのほとんどが
19号線の山手側にレイアウトされたインランドの18ホールで、
なだらかな地形をいかした戦略性の高いコースといえます。

インランドコースならではの起伏と傾斜はクセモノですが、
リゾートの山側に位置するコースからの眺めは美しく、
特にシグニチャーホールの12番からの眺望は最高です。

キアヴェ、イリマなどの樹木を残し、
ほかのコースにはない自然の美しさが特徴です。

背後にそびえるマウナ・ケア山、
ブルーの海と芝生のグリーンの風景は申し分ありません。

2008年にグランドオープンしたマウナ・ケア・ゴルフコースは
ロバート・トレント・ジョーンズSr.によってデザインされ、
現在人気デザイナーである息子リース・ジョーンズによって改修が行われました。

トッププロのトーナメントも開催できるものに生まれ変わり、
クラブハウスやレストラン、プロショップも拡張されています。
ハワイ島でゴルフ場を選ぶのなら選択肢からは外せないコースです。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)