ハワイ島の火山

ハワイ島の火山

ハワイ=海、ビーチと連想しがちですが、
ハワイ島の大地に一歩足を踏み入れると
そのイメージを覆してくれる大自然が広がっています。

古来、ハワイの人々は万物に霊力が宿ると信じてきました。
砂の一粒にも、木々の枝にも大昔からのエネルギーが満ちているのです。

ハワイ島では魂が揺さぶられるような壮大な
大自然に出会うことができます。

想像を絶するような大自然のパワーを
見せつけてくれるのがハワイ島のボルケーノです。
足下を溶岩が流れていき、海に到達して
巨大な白煙を上げるのを間近で見ると
ハワイ島のスケールの大きさを体感することができます。

ハワイ神話の中で、もっとも印象的で、
かつ頻繁に登場するのが火山を司る女神「ペレ」です。

ペレはカウアイ島からオアフ、モロカイ、
マウイと移動し、最後にハワイ島にたどり着きました。

古来、彼女が住んでいるとされるハレマウマウは、
広大なキラウエア火口の中に、さらにぽっかりと口をあけたカルデラで、
深さ400m、直径900mの底には裂け目が走り、
1974年の最後の噴火からいまも硫黄臭の強い噴煙を上げています。

このハレマウマウも周囲約12kmの
キラウエア火口の中では小さな存在でしかありません。

このキラウエア火口でさえ、マウナ・ロア山の東斜面から
海岸に向かって50~60kmに及ぶ、
広大なハワイ火山国立公園の一部にすぎないのです。

ハワイ火山国立公園の入り口は11号線沿いにあり、
ヒロからは車で約1時間の距離です。
入口で入園料(車1台につき10$)を払って中に入ったら、
まずはキラウエア・ビジター・センターに寄りましょう。

火山活動のパネルや写真の展示や記録映像などで火山の
すごさを知ることができます。
キラウエア周辺の観光は、カルデラに沿って一周している
約18kmのクレーター・リム・ロードをまわるのが一般的です。
圧倒的な溶岩原を歩けばハワイ島でしかできない貴重な体験となるでしょう。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)