ハワイ島で星を見る

ハワイ島で星を見る

マウナ・ケア山(標高4,205m)の山頂に、白いドームがいくつもあります。
これらがハワイ大学を中心とした世界にもまれな
天文観測のメッカ、マウナ・ケア天文台です。

日本の国立天文台が建設した
大型光線赤外線望遠鏡「すばる」もこのドーム群の一角にあります。

マウナ・ケア山頂は、晴天が多く、水蒸気が少なく、
大気が安定しているので天体観測の好条件に恵まれています。

ここで星空を見るツアーはハワイ島でもっとも人気のあるツアーです。
ほとんどのツアーが、マウナ・ケア山頂でサンセットを見て、
日が沈んだら標高2800mの
オニズカ・ビジターセンターで星空観測をするという流れです。

山頂まで約2時間のドライブは未舗装の道路を通るため
多少揺れますが、窓の外の景色は次々と変わり、飽きることがありません。

4000m以上の高みから神々しいほどの日没を眺めたら、
山の中腹に戻り、天体観測となります。
だんだんと暗くなっていく空にひとつまたひとつと星が現れます。
まさに満点の星空が頭上に浮かびあがります。

目が慣れてくると、人工衛星や流れ星も肉眼で見つけることができます。
スタッフがその日に最適なスポットで望遠鏡をセットしてくれます。
望遠鏡を覗くと、木星の赤茶色の縞模様や、
薄く美しい輪をまとった土星の姿がはっきりと見えます。

見られる星や星雲はその季節によって違いますが、
いつの季節に行っても感動的な星空に圧倒されることはまちがいありません。
標高の高いところへ行くため、大変寒いですが
厚手のジャケットなどが用意されています。
小さいこどもや心臓疾患のある人は参加できません。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)