マウナ・ケアの山頂

マウナ・ケアの山頂

富士山よりも高い山、マウナ・ケアは
ハワイで最も宇宙に近い山と言われます。

登頂の体験はビッグ・アイランドならではの
わすれられない思い出となるでしょう。
しかし、標高4205mの高山です。

一般の旅行者が準備も知識もなく山頂を目指すのは大変危険です。
レンタカーを使ってマウナ・ケア山にアプローチする際は、
山頂に近くなるほど道が険しくなってきます。

小さなカーブの連続に激しいアップダウン、道幅は狭く、
道路の舗装もいい状態とはいえません。
夜間は照明などはなく、天候も急変するので、
やはりツアーに参加するのがいちばん安心でしょう。

標高4000m以上の頂というのは、平地と比べるとまったく環境が違います。
気圧は平地の3分の2しかなく、空気が薄く感じられます。

高山での生活に慣れているはずの天文台クルーでも、
少し階段を昇り降りすると頭痛がしてくるというほどですから、
一般の旅行者はとくに高山病には気をつけましょう。

中腹ではたっぷり休憩をとり、体を慣らしてから山頂を目指し、
山頂ではゆっくり動き、頂上には1時間ほどいて降ります。
水分補給もまめにこころがけましょう。
また氷点下まで冷え込むこともあり、冬季は雪に覆われるので防寒具も必須です。

ハワイ語で「白い山」を意味するマウナ・ケアは、
晴天が多く大気が安定しているため、天体観測の好条件に恵まれています。

標高の高い山頂では夜空が暗く、星がきれいに見え、
電磁波の邪魔になる水蒸気も少ないので
天文台がいくつも設置されています。

これだけ標高が高いのに交通の便がいいことも
天文台建設の理由の一つです。

天体観測の妨げになるので日没から日の出までの間は
ヘッドライトの点灯が禁止されています。
マウナ・ケア山頂からの眺めはサンライズ、雲海、
白い雪の高原、サンセット、そして満点の星空。
まさに別世界の光景です。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)