ホテル

インペリアル オブ ワイキキ

インペリアル・オブ・ワイキキは
ハレクラニの向いに建つ穴場的
コンドミニアムタイプのホテルです。
水色のガラス窓が印象的です。

ワイキキ・ビーチ・ウォークに
位置し、ビーチまでは徒歩1分です。
ザ・バスのバス停も近く、
移動には便利で、DFSや
ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター
にも近く買い物に不便はしません。

ホテルのエントランスは
豪華な雰囲気が漂い、
客室はゆったりとした造りで、
キッチン付きの部屋も多く、
家族づれやグループにも好評です。

キッチンは小さめですが
フルキッチンで、食器洗浄機や
ミニ冷蔵庫、オーブンレンジ、
コーヒーメーカーもあります。

ホテル近隣のレストランでの外食と
自炊とをうまく組み合わせての滞在が
できるので長期滞在者や
リピーターにはお勧めです。

低層階からはシティビュー、
高層階からはワイキキの海を
望むことができます。
角部屋からヒルトンの花火が
よく見えます。

収納ベッドあるいはソファベッドで
広々と使える1BRは、家族や友達
数人で泊まるには最適です。
タオルやアメニティは取りに行けば
好きなだけもらえます。

23時以降はフロント入口から
インターホンを通して入るなど、
セキュリティはしっかりしているので
安心です。

1階にはデニーズやABCストアが
あってなにかと重宝します。
ABCストアには食材も売っているので
簡単な料理なら部屋ですることが
できます。

屋上にはジャグジーとプールがあり、
屋上からの眺望はすばらしく、
夜景が見れるプールという
ものポイントが高いでしょう。

コインランドリー、フィットネス・センター、
サウナなどの設備もあります。
部屋でのインターネット利用は
できませんが、2階のエリアで
無線インターネットが利用可能です。
リーズナブルな料金、立地のよさで
人気のアコモデーションです。

プリンスヴィル コンドミニアム

カウアイ島の中でも緑がいちばん美しい
プリンスヴィルには、長期滞在者向けの
コンドミニアムが多く、豊かな自然の中、
リゾートらしい滞在ができます。

クリフス・アット・プリンスヴィルは
その名のとおり、高級別荘が建ち並ぶ
プリンスヴィル東端の崖の上に建ち、
22エーカーの敷地に9棟の建物を
持つ大きなコンドミニアムです。

ハワイのアコモデーションは
オンビーチのロケーションが多い中、
断崖の上という立地は貴重です。
雄大な太平洋に太陽が沈んでいく
眺めは感動ものです。

オーシャン・ビューの部屋なら
キッチンがラナイに面しているので、
大海原を眺めながら料理ができ、
ホームパーティーなど、賑やかに
過ごせます。

共有施設にはポール、ジャグジー、
サウナ、テニスコート、BBQ設備があり、
カウアイ料理教室、フラや
テニスレッスンなど独自のアクティビィ
なども人気です。

マーク・アット・プリンスヴィルは
マーク・リゾーツが管理する
コンドミニアムで、パリ・ケ・クアと
クウ・ポアを総称して、
マーク・アット・プリンスヴィルと
いいます。

どちらとも、プリンスヴィルの
西端の断崖の上に建ち、
オーシャン・ビューの部屋からは
ハナレイ湾やルマハイ・ビーチ方面の
眺めが見渡せ解放的な気分です。

美しい緑の芝生が広がる中庭からも
ノース・ショアの海を望むことが
できます。プールやジャグジー、
インターネットカフェなどの
設備も充実しています。

ハナレイ・ベイ・リゾートは
あらゆるニーズに対応する
客室カテゴリーをそろえる
アコモデーションで、中はホテル棟と
コンドミニアム棟に分かれます。

敷地内にはプール、テニスコート、
ミニスーパーがあり、便利です。

海側に建つコンドミニア棟は
1~3BR・タイプで、
フルキッチン付き、大きい部屋なら
8人までが同一料金で宿泊でき、
グループ旅行にはいいでしょう。

カウアイ島 レストラン

カウアイ島のサウスショア、リフエは
政治経済の中心地だけに、地元のひとが
利用する店が点在します。

またホテル内には趣向を凝らしたレストランが
数多くあります。ククイズ・レストランは
カウアイ・マリオットのエレガントなプール
サイドで、独創的な料理を楽しむことが
できます。

ブレックファーストやランチも
もちろんいいですが、ライトアップされた
プールを眺めながら、地元産の野菜を
ふんだんに使ったハワイリージャナルクイジーン
のディナーはロマンティックな雰囲気に
包まれ、幻想的です。

イーストコーストは大規模な
ショッピングセンターやホテル、
コンドミニアムが多いため、大変賑やかで、
気軽に入れるカフェからドレスアップして
出掛けたいレストランまで幅広く
そろっています。

カパアのオノ・ファミリー・レストランは
地元の顔とも言えるレストランで、
こども連れのお客さんも目立ちます。

メニューはアメリカ料理が中心で、
朝はパンケーキ、オムレツ、ランチや
ディナーはハンバーガー、ステーキなどが
人気です。

スモールタウン・コーヒーでは
ハワイナンバー1のバリスタともいわれる
オーナー厳選のコーヒーが味わえ、
木曜の夜には無料ライブもあります。

ノースショアの食事処は
ハナレイの町中の集中し、
ハナレイ・ローカルが通う
老舗レストラン、ハナレイ・ドルフィンは
一日中地元客でにぎわいます。

魚屋さんが経営する店なので、
メニューの中心はシーフードです。
鮮度、味、ボリュームとも
文句のいいようがない料理の数々が
味わえます。

プリンスヴィル・リゾート内のレストランは
おしゃれしてでかけたい店ばかりです。
シー・ジェイズ・ステーキ&シーフードは
上質のステーキをリーズナブルな料金で
提供し、観光客のリピーターも多い
プリンスヴィルの人気店です。
 

カウアイ島 レストラン

カウアイ島のサウスショア、リフエは
政治経済の中心地だけに、地元のひとが
利用する店が点在します。

またホテル内には趣向を凝らしたレストランが
数多くあります。ククイズ・レストランは
カウアイ・マリオットのエレガントなプール
サイドで、独創的な料理を楽しむことが
できます。

ブレックファーストやランチも
もちろんいいですが、ライトアップされた
プールを眺めながら、地元産の野菜を
ふんだんに使ったハワイリージャナルクイジーン
のディナーはロマンティックな雰囲気に
包まれ、幻想的です。

イーストコーストは大規模な
ショッピングセンターやホテル、
コンドミニアムが多いため、大変賑やかで、
気軽に入れるカフェからドレスアップして
出掛けたいレストランまで幅広く
そろっています。

カパアのオノ・ファミリー・レストランは
地元の顔とも言えるレストランで、
こども連れのお客さんも目立ちます。

メニューはアメリカ料理が中心で、
朝はパンケーキ、オムレツ、ランチや
ディナーはハンバーガー、ステーキなどが
人気です。

スモールタウン・コーヒーでは
ハワイナンバー1のバリスタともいわれる
オーナー厳選のコーヒーが味わえ、
木曜の夜には無料ライブもあります。

ノースショアの食事処は
ハナレイの町中の集中し、
ハナレイ・ローカルが通う
老舗レストラン、ハナレイ・ドルフィンは
一日中地元客でにぎわいます。

魚屋さんが経営する店なので、
メニューの中心はシーフードです。
鮮度、味、ボリュームとも
文句のいいようがない料理の数々が
味わえます。

プリンスヴィル・リゾート内のレストランは
おしゃれしてでかけたい店ばかりです。
シー・ジェイズ・ステーキ&シーフードは
上質のステーキをリーズナブルな料金で
提供し、観光客のリピーターも多い
プリンスヴィルの人気店です。
 

シェトラン・カウアイ・リゾート

島の南部、ポイプにある
シェラトン・カウアイ・リゾートは
ポイプを代表する高級リゾートです。

シェラトン・カウアイ・リゾートは
ポイプ地区のリゾート開発が始まった
1960年代、エリアのアンカーホテルとして
オープンした老舗で、1997年に
巨額投じてリニューアルされました。

海側にオーシャン・ウィングとビーチ・ウィング、
山側にガーデン・ウィングからなり、
天候に恵まれたポイプのオン・ザ・ビーチ
という立地から、太陽の光と海を感じられる
シーサイドホテルです。

朝は早く起きて海岸を散歩すると
古代ハワイアンの王族たちが好んで
住んだというこの土地の空気を感じる
ことができます。

ホテル前に広がるビーチは静かで、
海水の透明度も素晴らしく、
シュノーケリングにも最適です。

午後になるとハワイアン・モンクシール
というアザラシが昼寝のために
上陸してくるのが見られ、
のんびりとしたムードが漂います。

客室は窓が大きくとられ、スペースも
広々としていて、落ち着いたインテリアで
リラックスできます。

プールはビーチ・ウィングとガーデン・ウィングに
2か所あり、さんさんと太陽の光が降りそそぐ
ビーチ・ウィングのプールは南国情緒
たっぷりでちいさなウォーター・スライダーも
あります。

日本料理やコンチネンタル料理など
レストランのレベルも高く、
岬の突端にあるバー「ザ・ポイント」
からカクテルを片手に障害物のない
大海原に沈むサンセットを眺め、
夕暮れ後は日本料理「なにわ」で
日本酒をなめながらたいまつの灯りと
月明かりに照らされる海を満喫するのも
いいでしょう。

時間帯によって移りゆく光と影が
シェラトン・カウアイ・リゾートの
さまざまな表情をみせてくれます。
外に観光に出ず、ホテルから時を刻むごとに
顔を変えてゆく自然を感じられる一日を
プレゼントしてくれます。
 

カハラニ カウアイ

リフエ空港から56号線を北へ約10分ほどの
ところにひっそりと建っているのが
アストンがマネージメントするコンドミニアム、
カハ・ラニです。

少々わかりにくいロケーションで、
入口で続く細い道は見過ごしてしまいそうに
なりますが、それだけに静かな環境で
バケーションを過ごせるコンドミニアムです。

2階建て、3階建ての建物は9棟で、
広々とした敷地内に建物が点在しているので、
のんびりとした雰囲気です。

プールは瓢箪型のかわいらしい形で、
プール脇にはBBQ設備もあり、
昼も夜もにぎわっています。

裏手には広々とした芝生の庭があり、
人影もまばらなビーチへとつながっています。
この砂浜を5分ほど歩くと、地元の人の
憩いの場所であるリドゲート州立公園が
あります。

近くには賑やかな場所がないので、
とても静かです。夜は波の音が静かに響き、
人工的な灯りも少ないので、星の輝きがとても
きれいです。

海側は広い芝のフィールドになっていて、
こどもが駆け回っても安心です。
オーシャンビュー、オーシャンフロントの
1~2BR,それに海が正面に見渡せる3BRがあり、
ユニット本来の持ち主によって、
ベッドルームのインテリアや装飾品は
さまざまです。

どのへやもゆったりしていて、
ラナイのスペースが広いのが最高の贅沢です。

ラナイのデッキチェアで、さわやかな空気の中、
朝食を食べたり、夜は瞬く星空を眺めたり、
南国ライフを満喫することができます。

メインベッドルームには単独ラナイ付きの
部屋もあってリッチな気分に浸れます。
キッチンはコンパクトにまとまり、
食器洗い機をはじめ、コーヒーメーカー、
ジューサーなど必要なものはすべてそろっています。
リクエスすれば炊飯器も借りられます。

ハワイ語でカハ・ラニ
「Heavenly Place」という意味のとおり、
静寂に包まれた天国のような場所です。

カウアイ ラグーン

リフエから海に向かってライス・ストリートを
下っていくと、海の玄関口、ナウィリウィリ港に
面した広大な土地に広がるカウアイ・ラグーンズ
があります。

ハワイの旅行業界、そして各国からの観光客が
驚いてしまうほどのスーパー・リゾート、
カウアイ・ラグーンズがオープンしたのは
1987年のことです。

ワイキキにも匹敵する約800エーカーという
広い土地には、ジャック・ニコラウスの設計による
36ホールのチャンピオンシップ・ゴルフコースが
ゆったりとレイアウトされ、ラグーンの湖水には
ボートが行き交い、湖上には挙式ができる
可憐なチャペルが浮かび、8面のテニスコート、
スパ&ヘルスクラブ、ハワイで最大規模の
プールを有する高級ホテルなどが建ち並び、
静かな湖畔のまわりにはリゾートに
必要なものはすべてそろっています。

敷地内をボートや馬車でのって移動するため、
おとぎの国に入り込んだようです。

いたるところに惜しげもなく飾られた
価値ある美術品は非日常感を盛り上げてくれ、
それまでの常識を破るようなアイデアが
満載で、カウアイ島の新しい名所と
言えるでしょう。

リフエ空港から約5分で行けるという
好条件もあり、カウアイ島の宿泊者だけでなく、
ホノルルからの日帰りのツアー客も
押し寄せるほどです。


1992年に巨大なハリケーン・イニキの被害にあい、
この巨大リゾートも大きなダメ―ジを負って以来、
別世界のようなゴージャスなリゾートは
崩壊したままでしたが、1995年の夏に
さらにレベルアップして再びオープンしました。

ホテルはザ・カウアイ・マリオット・リゾート&
ビーチクラブとしてリニューアルオープンし、
先駆けて再開したゴルフコースと合わせて
現在はまた活気あふれるリゾートの姿を
取り戻しています。

宿泊はしなくても、
一度は立ち寄ってみたいリゾートです。
 

グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ

ポイプのオン・ザ・ビーチのケオニロア湾を望む
約20ヘクタールという広大な敷地に建つ
エレガントなリゾートホテル、
グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパは、
1920年~1930年代のハワイの
建築様式を模しており、全米建築家協会からも
表彰されたという美しいデザインで、
ホノルルの近代的なビルディングを
見なれていると新鮮に感じられるでしょう。

ホテルのコンセプトは「クラシック・ハワイアン」、
人工的な装飾を控えて、木製の調度品や観葉植物
などを随所に配し、館内は優雅な雰囲気に
満たされています。

品のいい絨毯や華美すぎないデザインの
シャンデリア美しい重厚なロビーの奥には
パームツリーが生い茂る中庭があり、
その奥のシービュー・テラスからは真っ青な海が
見渡せます。

水遊びの施設が満載のホテルとしても有名で、
真水のプールだけでなく、海水のプールまでが
あります。

真水のプールは、ジャグジーやプールバーが
付帯する和みスペースとも言える小さなプールと、
全長45mのウォータースライダーや
ウォーターバレーボールができる大きなプールとが
流れるプールでつながっています。

海側には砂浜がある海水のプールが広がり、
のんびりと過ごせます。
砂はカリフォルニアで作られた身体に付着しにくい
人口砂です。

波はたたないラグーン・プールなので
小さな子供連れでも安心して遊べます。

日本人を含め約900人のホテルスタッフによる
高品質なサービス、静かなたたずまい、
あらゆる客層のニーズに応える
ことができる数多くの施設を備えるこのホテルは、
オフ・シーズンでも客室占有率が
8割を超えるという人気ぶりです。

 

カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブ

カウアイ・マリオット・リゾート&ビーチクラブは、
美しいラグーンに囲まれたカラパキ・ビーチ沿いに建
大規模リゾート、カウアイ・ラグーンズに隣接する
大型高級ホテルです。

リフエ空港から車で5分ほどという
好立地に加え、買い物や食事の便がよく、
時間が限られた旅行者にはホテル選びの
いい決め手となります。

正面玄関に降り立つと、ロビーに並ぶ
白亜の列柱が豪壮な雰囲気を醸し出し、
回廊を進むとところどころに価値のありそうな
壺や絵画が飾られており、リゾート感が高まります。

客室の設備も完璧なまでに整えられ、
快適に休息することができます。
ホテルルームのほかに232室の
ヴィラも用意され、タイムシェア方式で
販売されています。

南国の樹木が生い茂る中庭には
巨大な円形プールがあり、ジャグジーも
5か所に備わります。

ハワイでも有数の規模を誇るプールは、
中央にヤシの木が植えられた星型の小島があり、
ライオンやウサギなど動物の形の5体の
噴水が涼しげに水しぶきを吹きあげ、
南国情緒たっぷりのパラダイスといった感じです。

目の前に広がるカラパキ・ビーチは
懐の深い静かな入り江になっているので、
水遊びには最適です。

プールサイドのアクティビティセンターに
申し込めば、スノーケリングやセイリング、
水上自転車などさまざまな
マリン・アクティビティのレンタルができ、
レッスンも受けられます。

隣接するカウアイ・ラグーンズには
チャンピオンシップ・ゴルフコースや
テニスコートはあり、ホテルゲストは
割引料金で利用することができます。

ホテルの規模からは想像もできない
スタッフの親身で細やかなサービスは
訪れる人を決して失望させることはなく、
日本語が堪能なスタッフも大勢いるので安心です。
 

カウアイ島 コンドミニマム

のんびり腰を落ち着けて、カウアイ島の休日を
満喫したいならコンドミニアム滞在がいいでしょう。

カウアイ島では南海岸、東海岸、そしてプリンスヴィルに
ヴァケーション用のコンドミニアムが集まっていて、
ワイキキ辺りでは想像もつかないようなデラックスな
コンドミニアムが驚くほどリーズナブルな
料金で利用できます。

ポイプにあるホエラーズ・コウブは
カウアイ島の旅行者たちが、一度は泊まってみたい
コンドミニアムに挙げるという憧れの
コンドミニアムです。

豪華な部屋、充実した施設、贅沢な大人の
ヴァカンスを演出するあらゆるアイテムがそろいます。

ポイプ・リゾートの東端にたたずむおしゃれな
エンバシー・ヴァケーション・リゾートは
真白な外観が印象的で、広々とした室内に
オーディオシステムなど、備品も機能的で
充実しています。

ワイルアのアストン・カハ・ラニは
ひっそりとたたずむ「天国のような場所」と言われ、
静かな環境でヴァケーションを
過ごせるコンドミニアムです。

海側は広い芝のフィールドで、ビーチも人影まばらで
プライベート感いっぱいです。


同じくワイルアのラエ・ナニはAAA(全米自動車連盟)
から3ダイヤモンドを受賞したことがあり、
施設、環境とも最高です。

クリフス・アット・プリンスヴィルという名のとおり、
プリンスヴィルの北端も断崖絶壁の上に建つ
コンドミニアムは、大海原を見渡せる
デラックスコンドミニアムです。

冬季にはザトウクジラの親子の姿を
見かけることもあります。
キッチンから海を見ながら料理ができる部屋もあり、
優雅ながらもどこかエキサイティングな
滞在ができます。

プリンスヴィルの反対側、西の端の断崖に
位置するのはパリ・ケ・クアです。

映画「南太平洋」のロケ地としても有名な
ハナレイ湾やルマハイ・ビーチ方面が
一望に見渡せ、ハナレイの町の夕暮れは
感動的に美しい景色です。

 

カウアイ島 ホテル

カウアイ島のリゾートエリアは、南海岸のポイプ、
北海岸のプリンスヴィル、東海岸の3つの
エリアにわかれます。

美しい白砂のビーチが広がるポイプは
最も人気のあるエリアで、高級ホテルが建ち並び
華やかな雰囲気です。

ポイプを代表する高級リゾートである
シェラトン・カウアイ・リゾートは
1997年に巨額を投じてリニューアルされ、
陽光が差し込み、海と太陽の光を感じられる
明るいホテルです。

ハイアット・リージェンシー・
カウアイ・リゾート&スパは、
クラシック・ハワイアンの雰囲気で、
ラグーンプールなどの水遊びの施設が満載です。

東海岸のワイルア、カパア、リフエには
中、高級のホテルが点在し、中でも
カウアイ・マリオット・リゾート&スパは
プールの大きさもハワイ随一で南国情緒たっぷりの
パラダイスです。

州立公園に隣接するアットホームなホテル、
アストン・アロハ・ビーチ・ホテルは家族連れに
お勧めです。

アストン・アイランダー・オン・ザ・ビーチは、
賑やかなココナッツ・マーケット・プレイスの
隣に立地し、魅力的です。

島でいちばん緑が美しいプリンスヴィルには、
自然の中でゆっくり滞在できる島屈指の
豪華ホテルが建ちます。

プリンスヴィル・リゾートは
プリンスヴィル北端の断崖にあり、カウアイ島で
もっとも美しいと言われるノース・ショアの
風景を堪能でき、プリンスヴィルを代表する
ホテルと言えるでしょう。

ハナレイ・ベイ・リゾートは
滞在人数やスタイルに対応する多彩な部屋が揃い、
あらゆるニーズに対応する客室カテゴリーを
備えます。

プール、ジャグジー、テニス
コート、ミニスーパーなどが敷地内にあり、
大人数や家族で楽しめます。