ポイプ

カウアイ島 サーフィン 

ハワイでは、サーフィンはもっとも
ポピュラーなスポーツのひとつです。
世界のサーファーが憧れる場所でもあります。

カウアイ島は知る人ぞ知るサーフィンのメッカです。
サーファーの聖地と言われるポイプ・ビーチは
波が穏やかで、子供づれでも楽しめます。

ポイプの波はサーファーにとって魅力たっぷりで、
人が少ないスポットが多いということも
人気の秘密です。

日本からもマイ・ボードを持参して波乗りを
楽しみにやってくる人もたくさんいますが、
スクールやボードのレンタルも充実している
ので、サーフィンが初めてという人でも
気軽に挑戦できます。

スクールの多くはソフトボードを使用し、
安全面もバツグンです。英語のレッスンでも、
丁寧にフレンドリーにスタッフが教えて
くれるので、サーフィンデビューには
もってこいです。

プロのサーファーたちからも、
いい波を求めてカウアイ島に集まってきます。

リフエ空港から車で約1時間弱のカリヒワイでは、
そんなカウアイのロコたちに人気の
サーフスポットです。
ここではサーファーたちが次々に繰り出す技を
見物することができます。

少し手前の道の脇に車を停めると良いのですが、
まずはここを通り過ぎて 下のビーチパークまで
下りて行くと、波のある日には、そのビーチに
面した道路は たくさんのロコのサーファーたちの
車で埋め尽くされています。

そんな彼らの間を通り抜け サーファー気分を
盛り上げつつ、また丘の上へと戻って来ると、
眼下に広がる青い海でダイナミックにすべり、
跳ぶ彼らの姿が見られます。

ハワイ諸島の左上の方、北西の海上では
大きなストームが発生することが多く、
そこからの波がハワイ諸島にやってくるため、
冬には島の北側には良い波がたちます。

週に一度から多いときは2,3度も違う
ストームからの波がやってくると
サーファーたちは、ほかのことはそっちのけで、
ボートを車に乗せ、サーフスポットへと走ります。

グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパ

ポイプのオン・ザ・ビーチのケオニロア湾を望む
約20ヘクタールという広大な敷地に建つ
エレガントなリゾートホテル、
グランド・ハイアット・カウアイ・リゾート&スパは、
1920年~1930年代のハワイの
建築様式を模しており、全米建築家協会からも
表彰されたという美しいデザインで、
ホノルルの近代的なビルディングを
見なれていると新鮮に感じられるでしょう。

ホテルのコンセプトは「クラシック・ハワイアン」、
人工的な装飾を控えて、木製の調度品や観葉植物
などを随所に配し、館内は優雅な雰囲気に
満たされています。

品のいい絨毯や華美すぎないデザインの
シャンデリア美しい重厚なロビーの奥には
パームツリーが生い茂る中庭があり、
その奥のシービュー・テラスからは真っ青な海が
見渡せます。

水遊びの施設が満載のホテルとしても有名で、
真水のプールだけでなく、海水のプールまでが
あります。

真水のプールは、ジャグジーやプールバーが
付帯する和みスペースとも言える小さなプールと、
全長45mのウォータースライダーや
ウォーターバレーボールができる大きなプールとが
流れるプールでつながっています。

海側には砂浜がある海水のプールが広がり、
のんびりと過ごせます。
砂はカリフォルニアで作られた身体に付着しにくい
人口砂です。

波はたたないラグーン・プールなので
小さな子供連れでも安心して遊べます。

日本人を含め約900人のホテルスタッフによる
高品質なサービス、静かなたたずまい、
あらゆる客層のニーズに応える
ことができる数多くの施設を備えるこのホテルは、
オフ・シーズンでも客室占有率が
8割を超えるという人気ぶりです。

 

カウアイ島 コンドミニマム

のんびり腰を落ち着けて、カウアイ島の休日を
満喫したいならコンドミニアム滞在がいいでしょう。

カウアイ島では南海岸、東海岸、そしてプリンスヴィルに
ヴァケーション用のコンドミニアムが集まっていて、
ワイキキ辺りでは想像もつかないようなデラックスな
コンドミニアムが驚くほどリーズナブルな
料金で利用できます。

ポイプにあるホエラーズ・コウブは
カウアイ島の旅行者たちが、一度は泊まってみたい
コンドミニアムに挙げるという憧れの
コンドミニアムです。

豪華な部屋、充実した施設、贅沢な大人の
ヴァカンスを演出するあらゆるアイテムがそろいます。

ポイプ・リゾートの東端にたたずむおしゃれな
エンバシー・ヴァケーション・リゾートは
真白な外観が印象的で、広々とした室内に
オーディオシステムなど、備品も機能的で
充実しています。

ワイルアのアストン・カハ・ラニは
ひっそりとたたずむ「天国のような場所」と言われ、
静かな環境でヴァケーションを
過ごせるコンドミニアムです。

海側は広い芝のフィールドで、ビーチも人影まばらで
プライベート感いっぱいです。


同じくワイルアのラエ・ナニはAAA(全米自動車連盟)
から3ダイヤモンドを受賞したことがあり、
施設、環境とも最高です。

クリフス・アット・プリンスヴィルという名のとおり、
プリンスヴィルの北端も断崖絶壁の上に建つ
コンドミニアムは、大海原を見渡せる
デラックスコンドミニアムです。

冬季にはザトウクジラの親子の姿を
見かけることもあります。
キッチンから海を見ながら料理ができる部屋もあり、
優雅ながらもどこかエキサイティングな
滞在ができます。

プリンスヴィルの反対側、西の端の断崖に
位置するのはパリ・ケ・クアです。

映画「南太平洋」のロケ地としても有名な
ハナレイ湾やルマハイ・ビーチ方面が
一望に見渡せ、ハナレイの町の夕暮れは
感動的に美しい景色です。