アイランド ウクレレ カウアイ

アイランド ウクレレ カウアイ

カウアイ島で20年に渡りウクレレやギターを
作り続けているレイモンド・ラポーゾ氏の
製作するアイランド ウクレレは長年木材に
かかわり続けた経験から、常に最上のものを選び、
伝統的な手法で組み上がられ、クリアな音質と
軽やかな鳴りで、ハワイアン・メイド
ならではの独特の雰囲気を感じさせます。

豊かな音量歯切れのよさを併せ持つ
サウンドもさることながら、
ウクレレのボディの装飾が美しいのも
人気のブランドたる所以でしょう。

ヘッドのカウアイ島を模したブランド・マークの
アヴァロン・インレイに代表される
美しいレイン・ワークが特徴的で、
サウンドホール横のリーフ模様は
貝で造られ、単なる楽器ではなく
美術品としても価値のあるものに
仕上がっています。

アヴァロンとは貝のことで、アワビ貝とも
いいます。
モデルによってはイルカやカメの形の
インレイの装飾もあり、ウクレレの
ボディ全体が貝で美しく飾られ、
持っているだけでも満足してしまいそうな
楽器です。

カーリーがたくさん入ったハワイ産の
コアの木を贅沢に使ってあり、
木の柔らかい質感がなんともいえません。

こだわりは、通常は高級機種にのみ
採用されるエボニー材(黒檀)を、
全モデルの指板とブリッジに使用しており、
ペグにはグローバー製オープンバックの
ギアペグを装備しているので、
チューニング時のストレスもなく
安定しています。

リッチな音とレスポンスの良さは
ほかのウクレレでは味わうことが
できません。

ハワイアンの伴奏にはもちろん、
ソロプレイにも軽く明るい音色を響かせるので、
ウクレレ奏者にはあこがれの存在です。

流通はまだ少なく希少なブランドですが、
今要注目のブランドです。

日本では楽器自体を置いている店は少なく、
主にネットで販売されています。
 

2010年5月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:カウアイ島

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/151

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)