ホテル

マウイ・マリオットリゾート&オーシャン・クラブ

世界でも有数の美しさでひとを魅了する
カアナパリ・ビーチに面した
マウイ・マリオット・リゾート&オーシャン・クラブは
ハワイのリゾートライフを堪能するには最適な
リゾートです。

緑の芝生が美しいカアナパリ・ゴルフ・コースと
紺碧の海を見渡す好立地に建ち、見事な景色の中で、
ゴルフ、テニス、ダイビング、マウンテンバイク、
ジェットスキー、セーリングをアクティブに
楽しみたい場合にも、贅沢なひと時をゆったりと
過ごしたい場合にも、滝の流れるプール、
活気あふれるレストラン、アクティビティや
エンターテイメントなど、リゾートライフを
満喫できるように工夫されています。

アクティビティの豊富さ、
スタッフの温かみのあるサービスも
マリオットの特徴です。

ゆったりとした客室と高級感あふれる
共有施設がもともと人気でしたが、
2000年12月に全面改装を終え、
マウイ・マリオット・リゾート&
オーシャン・クラブとして一段と
快適に生まれ変わりました。

プールエリアはこのリニューアルで、
海賊船やウォータースライダーを備えつけ、
よりファミリーで楽しめるようになりました。

広々とした1BRまたは2BRのヴィラは
独立したダイニングエリアとリビング、
シンク付きのバーやプライベートバルコニー
を備え、豪華な装飾や美しい眺望がくつろいだ
雰囲気を醸し出します。
マウイの西側の沿岸に沿って建っているため、
リゾートから見る夕日は壮大で美しいです。

館内レストランは、プールサイドに
「ビーチウォーク マーケット&パントリー」、
プールバーや寿司バー、イタリアンなど
朝食からディナーまで楽しめます。

買い物や食事ができるホエラーズ・ビレッジには
歩いて10分ほどで便利ですし、
リゾートのまわりはショップが多く点在
しますので、見て回るだけでも楽しいでしょう。
 

ワイレア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ 

マウイ島の高級リゾートエリアの広大な丘に位置し、
人気のショッピング・モール
「ショップス アット ワイレア」に至近ながらも
静かで落ち着けるホテルです。

ハレアカラの麓にあり、自然にも恵まれ、
間近に望むコバルトブルーの海とヤシの葉が揺れる
トロピカルガーデン、静かな楽園です。
ビーチフロント・エリアにおいてより
高価はホテルのひとつです。

オープンエアのロビーは、タイル張りの床や
輝く泉が美しく、リゾート気分を盛り上げてくれます。
客室のほとんどはオーシャンビューで、
プライベート・テラスからは紺碧の海が見渡せます。
室内のインテリアはすっきりとまとめられ、
スタンダードでもゆとりある広い造りになっています。

また、全室に導入されている
マリオット・オリジナルのリバイブ・ベッドは、
心地よい眠りと快適な睡眠を約束してくれます。

プールエリアと太平洋を見渡す。
レストラン「マラ・ワイレア」では世界的に有名な
オーナー・シェフのマーク・エルマンによる
幅広いメニューが提供されています。

その他のレストランでは、コンチネンタル料理
や郷土料理が楽しめます。
ラウンジでは夜になるとフラダンスなどの
ライブエンターテイメントが催されます。

ワイレア随一と評判のルアウショーも見逃せません。
ゴルフコース、流れるプール、大人・子ども用プール、
ギフトショップ、フィットネスセンター、
スパなどのアクティビィ設備も充実していて、
とくに広々としたプールは解放的な気分に満たされます。

また、ビデオ会議設備、ビジネス
センター、ミーティング・ルームなどの
ビジネス設備も利用できます。
日本語での対応サービスもあるので心強いです。
 

カアナパリ プランテーション

プランテーション イン ホテルは、
まさに都心部に立地する便利なビーチフロントホテルです。

ラハイナのちょうど中心部にあるとても
ロマンチックな隠れ家のようで、
メインストリートから一歩入った閑静な一角にある
プチ・ホテルといった感じです。

近代的な建物ですが、古きラハイナの街の感じもあり、
古今両世界のよさを味わえます。

マウイ開拓時代の邸宅を模した外観や
ヴィクトリア王朝風のインテリアがノスタルジックです。

全部で19室しかない小さなホテルで、
各部屋はさまざまなアンティーク家具や
ステンドグラスで飾られ、それぞれ違った造りで
どの部屋も中世ヨーロッパのお城を思わせるような
優雅な雰囲気です。

設備にはエアコン、防音壁、プライベート・バスルーム、
テレビ、ミニバー、冷蔵庫、セーフティーボックスが
含まれます。

広々としたラナイからは南国らしい中庭から
プールに広がる色彩豊かな景色が広がります。
プライベート・スイミングプール、スパ施設、
レストランなどの施設と両替、モーニングコール、
駐車場、ランドリーなどのサービスの豊富さを誇ります。

大きなプール、ジャグジー、プールサイドは
日光浴をしたりパーティー会場になる
パビリオンに隣接しています。

1階にはアメリカで最高級と言われる
人気のフランス料理店、ジェラルズがあります。
マウイで一番おいしいフランス料理の店とも評判で、
地元の人たちもたくさんやってきます。
蝋燭の灯るテーブルでも食事は
なかなか雰囲気があります。

シェフのジェラルド氏はレストラン・ガイドで
数々の賞を受賞し、彼の料理にはマウイ島で
調達された新鮮な材料がふんだんに使われています。
ジェラルズでは無料の朝食サービスがあり、
まさに休日らしい朝の食事が提供されます。
 

マウイ・プリンス・ホテル

マウイ島で一番新しいリゾート・エリア、マケナに建つホテルです。
手つかずの自然が広がるマケナ・リゾートを代表する
ホテルで、目の前には白砂が続く三日月形の
マルアカ・ビーチが美しく広がります。
隣には雄大な景観のマケナゴルフコースがあり、
テニスクラブ同様、宿泊者は割引料金で
利用することができます。

到着すると、冷たいオシボリとシェルレイで迎えられます。
花のレイで迎えられるホテルが多い中、嬉しい歓迎です。

ロビーやゲストルームは落ち着いた色調で、
このシンプルさがリラックスして滞在するのに心地よく、
見かけの豪華さに頼らない質を追求したものになっています。
ゲストルームは白いファブリックでまとめられ、
ロビーからは滝の流れる中庭が見渡せます。
トロピカルフルーツの香りのアメニティが
南国を感じせてくれます。

大小2つのプールはレンタルグッズも充実し
緑に囲まれてのんびり過ごすことができます。

自然に囲まれた豊かな環境で、
ホテル前のマルアカ・ビーチはウミガメが
見られることでも有名です

全室オーシャンビューのゲストルームから、
鮮やかな南国のグリーン、真っ青なマルアカ・ビーチが望めます。
種類豊富なアクティビティも好評になかでも
毎日開催されるモロキニ島シュノーケルツアーは大人気です。

モロキニ島は透明度40度を誇る絶好の
ダイビング・ポイントで、
世界中のダイバーたちのあこがれの地でもあります。

マウイ・プリンス・ホテルはモロキニ島にもっとも近く、
ホテル前のビーチからクルーズポイントまで
15分で行くことができます。
美しいに囲まれたリラックスリゾートで
くつろぎのホテルライフを過ごすことができます。
 

カアナパリ アリィー

カアナパリで最高級の施設と
ロケーションを持つと評判のコンドミニアムです。
マウイ島のなかでも本格的ビーチ・リゾートとして
有名なカアナパリ・ビーチの真ん中に位置する立地と
いい施設の充実ぶりといい、
カアナパリでナンバー1ともいわれます。

アワード賞の受賞経験もある
オーシャンフロントのコンドミニアムから
美しいカアナパリ・ビーチを眺め、
隣接するカアナパリ・ゴルフ場ではゴルフが楽しめます。

目の前のカアナパリ・ビーチは全米ベストビーチ
にも輝いたことがある約3kも続く
長い真白なビーチで、その向こうには
穏やかなエメラルドブルーの海が果てしなく
広がります。

建物の外見は比較的シンプルですが、
どのユニットも豪華で趣向を凝らした
インテリアです。
1BR~2BRの客室は約140~177㎡
の贅沢な広さで、リビングとダイニングは独立タイプです。
通常眺めのよさが望めないサブベッドルームと
同様の眺望とラナイの広さを確保しています。

野鳥の声を聞きながら広いラナイでとる
朝食はさわやかです。

各ユニットとも使うのがもったいなく思えるような
きれいなフルキッチン付きで、書斎付きの部屋まで
あります。

部屋番号を指定するリピーターが多いというのも納得です。
施設は温水プールや子ども用のプール、
プールサイドにはBBQセット、ピクニックパビリオン、
ジャグジー、テニスコート、フィットネスサロンなど
ホテル並みで、ウェスティン・マウイからの
ルームサービスやこども向けの
無料プログラムなどサービスアイテムは
高級ホテル並みです。

レンタカーがあればラハイナ寄りにある
巨大なセーフウェイにも行け、
買出しには不自由しません。
日本語対応のコンシェルジュがいるのも心強いです。


 

カアナパリ・ビーチ・ホテル 

カアナパリ・ビーチ・ホテルは
カアナパリのオンザビーチに建つホテルで、
のどかなオールドハワイの雰囲気がいっぱいです。

ポリネシアン風の屋根があるロビーが印象的です。
客室は改装されたばかりで、
シンプルですが機能的でゆったり落ち着いた
雰囲気です。

花々が咲くトロピカル・ガーデンにも
ハワイらしさを感じることができ、
緑の木々や南国の花々に囲まれて小鳥の声を
聞きながらのチェックインです。

客室は430室あり、部屋からは穏やかな海や
たくさんのフルーツが実るガーデンが望めます。
ハワイアンキルトでデザインされたベッドカバーは
心と体を癒してくれます。
広い中庭でシートを広げてのんびりと過ごす人も
見られます。

夜はプールから星が見ながらゆっくり時間が流れます。
ホエラーズ・ビレッジに近く散歩気分で
歩いていくことができ便利な立地です。

ゴルフ場やビーチも徒歩圏内です。
ノスタルジックな捕鯨の街ラハイナにも
すぐに出ることができます。

このホテルの魅力は、なんといっても細やかで
パーソナルなサービスです。
すべてのスタッフが笑顔でもてなしてくれます。

従業員による演奏ありダンスありのショー、
無料のレイ作りやフラダンス、
ティーリーフスカート作りなどの
ハワイの伝統工芸や舞踏に触れる
アクティビィ、ハワイアンホスピタリティ
あふれる演出が盛りだくさんです。

館内ですれ違うスタッフはみんなあいさつをしてくれ、
それにつられるように
お客さん同士のあいさつをするといった
アットホームな雰囲気です。

「ホオキパ」という「ハワイ式のもてなし」
ということばどおりの家庭的なサービスが
評判で値段もリーズナブル、リピーターの
宿泊客が多いホテルです。
 

ザ フェアモント ケア ラニ マウイ

高級リゾート・エリアで名高いワイレアの
オーシャンフロントに建つラグジュアリーなホテルです。
「ケア ラニ」とはハワイ語で「白い天国」
という意味です。

その言葉どおり、建物全体が白亜色で統一され、
曲線を多用したデザインとあいまって、
優雅な雰囲気が漂います。

白い外壁が青空に映え外観もスタイリッシュで、
内装も白を基調としており、真白な海辺の宮殿
のようでもあり、南スペインの海辺のリゾートを思わせます。
噴水やガゼボを配したヨーロッパ風の庭園は広がり、
広大な敷地内には大きなプールが3つ、ジャグジーは2つあり、
プール再度でもゆったりとリックスした優雅な時が過ごせます。

大きな3つのプールは橋がかかっていたり、
スライダーがあったり、またプールの中にバーがあるので
大人も子供も楽しめます。

すべての部屋がリビングと寝室が分かれている
1BRスイートで、ミニキッチンには冷蔵庫や
電子レンジまで付いており、
コンドミニアムの利便性も兼ね備えています。

くつろぎを重視した造りの部屋で
ゆっくりと滞在することができます。

プールサイド・ルームでは部屋の前に庭が広がります。
ホテルの裏はすぐにポロビーチで、
ほとんどプライベートビーチのような感じです。

ポロビーチではシュノーケリングやカヤックや
ウィンドサーフィンが楽しめます。
よりゴージャスにいくのなら、海辺のコテージ
タイプのヴィラでの滞在もできます。

ホテル内にあるスパ・ケア・ラニでは
ノニやカヴァ、ココバターなどハワイ産の自然素材を
原料にしたコスメを使用し、
五感を刺激する各種トリートメントが受けられます。

ロミロミやストーン・マッサージや
オリジナルトリートメントなど30種類以上もの
メニューがそろいます。
プールサイドで爽やかな風をうけながらの施術が
極上気分を味わえます。

フォーシーズンズ リゾート マウイ ワイレア

1990年のオープン時から、
旅行専門雑誌のホテル・ランキングでは
必ず上位に登場する優雅なリゾートです。

権威ある全米自動車協会から
毎年、最高ランクの5ダイヤモンドを受賞しています。
75室ものスイートやセレブご用達のスパを有し、
まさにハワイアン・パレスと呼ぶにふさわしい
豪華な名門リゾートです。

各種ウォータースポーツやスキューバセンター、
テニスコートなどリゾート内の施設も
いうことなしの充実ぶりです。

近隣には3つのチャンピオンシップ・ゴルフコースもあります。
ゲストが受けられる無料サービスは、
じつに30種類以上もあります。
この多種多様のサービスからも、
毎年各方面から高評価を受けている理由がうかがえます。

ロビーは美術工芸品で飾られ、落ち着いたムードが漂い
中庭はワイレアのビーチを望む
ヨーロピアンテイストの美しい造りで欧州の
宮殿の中にあるようなプールも高級感かあふれ、
木々の緑が美しいプールサイドは、
まるで別世界のようです。

客室は天井が高くレギュラールームでも十分な広さで、
このホテルが「ゆとり」と「使いやすさ」
をテーマにしていることがよくわかります。
ホテルの中だけでリゾートを優雅に楽しみたい人にこそ
ふさわしいホテルといえます。

ホテルの中にある
ザ・スパ・アット・フォーシーズンズ・マウイは
本土でナンバー1に選ばれたマウイを代表するスパで、
ハワイの伝統的なマッサージはもちろん、
タイ・マッサージやアーユルベーダなど
各種のトリートメントが楽しめます。


さまざまなタイプの施術室が選べ、
中でも3室あるオーシャンサイド・ハレは
開放感が抜群です。
マッサージやフェイシャル、スカラプ
などを組み合わせたパッケージメニューも人気です。
また、客室で施術を行ってもらうことも可能です。
 

ザ・リッツカールトン・カパルア

パリの名門ホテル・リッツの
奉仕の精神」が息づく伝統のホテルです。
重厚感あふれるエレガントな名門ホテルに一歩
足を踏み入れると、格調の高さや伝統の重みを感じさせてくれます。

1億8千ドルをかけて行った大改装でさらに
グレードアップして、2008年に再オープンしました。
 すべてのゲストルーム、スイート、レストラン、プールが
美しく化粧直しされ、ロビーのデザインも一新しました。

ゲストルームは重厚なダークウッドのフローリング、
トラバーチン石材を使った広々としたバスルーム、
カパルアの海とゴルフ場を見渡す好ロケーションで、
南国の楽園にいながらもまるで自宅にいるようにくつろげます。

レストランはベスト・レストランに選ばれた
ザ・バニヤン・ツリーやビーチ・バーや
スシ・レストランなど6か所あり、
いずれのレストランでも
最高のモーニング、ランチ、ディナーメニューが充実しています。

新しくオープンした1625㎡の
ザ・リッツカールトン スパ・カパルアは
プライベート・ガーデンに面した15室のトリートメント・ルーム、
屋外にあるカップル用のカバナ、
ジャグジー付きの男女共用のリラクゼーション・ラウンジ、
サウナとジャグジーを併設した男女別のラウンジなどがあり、
インテリアはハワイアンのデザインでまとめられ、
心も体も極上のリラクゼーションに浸ることができます。

オーシャンビューのフィットネスセンターは
24時間利用可能で、最新の機器を備え、
アクティビティの種類も豊富です。

リッツカールトンといえばスタッフのサービスの高さですが
数日滞在しただけでスタッフが
ゲストの顔と名前を覚えてくれたり、
モーニング・コールではゲストを起こさないように
ベッドサイド以外の2台の電話が鳴り
15分後に再びコールしてくれる
など、サービスの徹底ぶりがうかがえます。

 

マウイ リゾート

島の北西端に位置するカパルアは島で
いちばんとも言えるリゾートエリアです。
カパルア・ベイ・ホテル、ザ・リッツカールトン・カパルア
という2軒の一流ホテルと
コテージ風のコンドミニアム、カパルア・ショップス
というショッピングセンター、
20面のテニスガーデン、
グルファー憧れの54ホールのカパルア・ゴルフクラブ、
そして全米一のビーチと評価を受けたこともある
カパルア・ビーチなど、
ワンランク上のバケーションを過ごすことができます。

カパルアの南のカアナパリはビーチ、ゴルフ場を中心に
ホテルやショッピングセンターを
誘致していくマスタープラン・リゾートの
先駆けともなったカアナパリです。
現在では12件のホテル&コンドミニアムが建ち
ゴルフコースは36ホール、
広大な敷地のテニスコートや25のプールに
約50軒のレストラン&バーなど、
巨大リゾートに発展しています。

リゾート内の無料シャトルでホテル巡りも楽しめます。
真っ青なカアナパリ・ビーチを前に心地よい
リゾートライフが過ごせます。

島南部のワイレアはハワイで2番目の広さを誇る
リゾート地です。
「魔法のように変貌を遂げた」といわれ、
人気急上昇中のラグジュアリーリゾートです。

5ダイヤモンドに輝くフォーシーズンズ リゾートを
はじめ5軒の高級ホテルが軒を連ね、5か所の白砂ビーチが
点在します。
あまりに広いため、リゾートの中だけで存分に
楽しむことができ、ホテルの中で何もしない
贅沢を満喫できます。

マウイ島の南東にあるハナは小さな町ですが、
「天国のようなハナ」と呼ばれ
豊かな自然と静寂を保ち続けています。
ホテル・ハナ・マウイはリゾートの理想形ともいえるホテルで、
東京ドーム5、5個分の敷地に
客室わずか66室という贅沢な空間で、
テレビ、ラジオなどはなく、ただ自然の音に癒され、
部屋のテラスのジャクジーに浸かって海を眺めたり、
他とは違う秘境のリゾートです。

シェトラン・マウイ・リゾート 

マウイ島のホテルの中でももっとも
ロマンティックな場所と言われる
カアナパリ・ビーチにあるの
シェラトン・マウイ・リゾートです。
客室のほとんどがオーシャンビューで、
雄大な太平洋やハワイ伝説の女神ペレが作ったという
神秘的なブラック・ロックが窓から望めます。

誕生したのは1963年の
カアナパリ・リゾートの開発が始まったころで、
古い歴史をもつ老舗ホテルです。
1997年には150億円をかけた大改装を
終え高級ホテルとしての進化を続けています

客室はコア製の家具やビクトリア調
インテリアで整えられ、ハワイ王朝を
彷彿させる上品な雰囲気にあふれています。

大改装で新しくなったプールは全長130mの流れる
プールには滝やウォータースライダーもあり、

ジャクジーもあります。
プールサイドのバーでカクテルをすすれば
バケーション気分も盛り上がります。

マウイ島を代表するカアナパリ・ビーチが
ホテル前に広がり、プライベート感に浸れます。
透明度が抜群によい海中では、
サンゴ礁やトロピカルフィッシュが見られ、
ビーチにウミガメが上がってくることもあります。
 ホテル前のビーチでダイビングをすることもできるので
気軽に海の中を覗けます。

もちろんシュノーケルやダイビングのギアは
レンタルしてくれます。
ビーチまで30秒のビーチ・バーでホットドッグ
やハンバーガーにかぶりつくのもいでしょう。

レストランでの食事は豪華で多彩です。
多国籍料理、現代的なハワイの料理、
一流のダイニングメニューなど多岐にわたっています。

圧倒的な海岸の風景とハワイの影響をうけた
素晴らしいメニューを提供する
カジュアルと現代的なダイニングの
2つのレストランがあります。
西洋と東洋の食文化を融合させた日本料理店もあります。
周りに高層ビルなどない解放的な雰囲気の中で
優雅な滞在ができるでしょう。
 

ハイアットリージェンシー マウイ リゾート&スパ

ハイアット リージェンシー マウイ リゾート&スパは
ハワイのどのホテルとも一線を画した
ファンタジックなホテルと言えるでしょう。
館内に吹き抜けのトロピカル・ガーデンがあり
自然光が明るい雰囲気を醸し出し、
廊下には高級美術品がさりげなく飾られ、
長く宿泊しても飽きることがありません。

客室はハワイアンキルトをデコレートした
オリエンタル調の落ち着いた空間で、
遊び疲れた体をリラックスさせてくれます。

中庭には、全長40mのウォータースライダーや
吊り橋、滝、カクテルが飲める洞窟バーなどのある
巨大なプールがあり、南国ムードが満点の
アミューズメントパークのようで
一日中遊んでも遊び足りないくらいです。

夜にはルアウショーも行われ、
大人からこどもまで楽しめます。
野鳥やフラミンゴなどが放し飼いにされ、
まるでジャングルを探検しているかのようです。
テニス場やゴルフ場も充実し、
ホテルの目の前には白砂が続く美しい
カアナパリ・ビーチが広がります。

ホテル内のスパ モアナは
ハワイ初のオーシャンフロントに作られたスパで、
ウェイティングルームには海風がそよぎ、
気持ちがいい造りになっています。

カップル用のメニューも豊富にそろい、
海に面したカパナでは2人一緒にマッサージを受ける
こともできます。
スパ モアナのオリジナルのオイルや
ボディケア用品などここでしか手に入らないものも
購入できます。

ハワイでもっとも人気のあるスパなので
混雑シーズンは予約でいっぱいになります。
本格的な日本料理店やイタリアンレストランも
あるので食事もおおいに楽しめます。
ドレスコードがあるのでおしゃれして
でかけましょう。
 

マウイ ホテル

世界の有名人が訪れるマウイ島。
そんな島での楽しみのひとつは最高級のホテルで過ごす
ゴージャスなひとときです。

一流のホテルが軒を連ねるマウイ島ですが、
中でも島西武のカパルアからカアナパリ、
南部に位置するワイレアからマケナにかけては、
最上質な豪華ホテルが集中しています。

カアナパリにある一流ホテルといえば、
上品な雰囲気があふれる老舗ホテルの
シェラトン・マウイ・リゾート、
白砂が続くカアナパリ・ビーチを代表するホテルの
ハイアット リージェンシー マウイ リゾート&スパ、
「奉仕の精神」にあふれる格調高いエレガントな
ザ・リッツカールトン・カパルア、
独自開発のベッドで天国の眠りを約束してくれる
ウェスティン マウイ リゾート&スパなど、
どのホテルの非日常の空間でのマウイ島滞在を楽しめます。

ワイレアには権威ある全米自動車協会から
毎年最高ランクの5つダイヤモンドを
受賞しているフォーシーズンズ リゾート
 マウイ アット ワイレア、

9つのレストランやバー、4つのプール、
ハワイ最大のスパなどを誇る
グランド・ワイレア・リゾート・ホテル&スパ、

ハワイ語で「白い天国」という名が表すとおり
白を基調としたおとなのくつろぎを重視した
フェアモント・ケア・ラニ・マウイ、
2つのビーチにはさまれ広大な敷地に客室の8割が
オーシャンビューという
ワイレア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパなど
こちらも一流のホテルが並びます。

いずれのホテルでも広いプールでのんびりと過ごしたり、
目の前のビーチでプライベート感を満喫したり、
ホテル主催のルアウショーでハワイの伝統に触れたり、
おしゃれしてレストランでシェフ自慢の食事を味わったり、
マウイ島での滞在を演出してくれることでしょう。

ザ・リッツカールトン・カパルア

パリの名門ホテル・リッツの「奉仕の精神」が

息づく伝統のホテルです。重厚感あふれるエレガントな

名門ホテルに一歩足を踏み入れると、

格調の高さや伝統の重みを感じさせてくれます。

 

1億8千ドルをかけて行った大改装でさらにグレードアップして、

2008年に再オープンしました。

 

 すべてのゲストルーム、スイート、レストラン、プールが

美しく化粧直しされ、ロビーのデザインも一新しました。

 

ゲストルームは重厚なダークウッドのフローリング、

トラバーチン石材を使った広々としたバスルーム、

カパルアの海とゴルフ場を見渡す好ロケーションで、

南国の楽園にいながらもまるで自宅にいるようにくつろげます。

 

レストランはベスト・レストランに選ばれた

ザ・バニヤン・ツリーやビーチ・バーやスシ・レストランなど

6か所ありいずれのレストランでも

最高のモーニング、ランチ、ディナーメニューが充実しています。

 

新しくオープンした1625㎡の

ザ・リッツカールトン スパ・カパルアは

プライベート・ガーデンに面した15室の

トリートメント・ルーム、

屋外にあるカップル用のカバナ、ジャグジー付きの

男女共用のリラクゼーション・ラウンジ、

サウナとジャグジーを併設した男女別のラウンジなどがあり、

インテリアはハワイアンのデザインでまとめられ、

心も体も極上のリラクゼーションに浸ることができます。

オーシャンビューのフィットネスセンターは

 

24時間利用可能で、最新の機器を備え

アクティビティの種類も豊富です。

 

リッツカールトンといえばスタッフのサービスの高さですが

数日滞在しただけでスタッフがゲストの顔と名前を

覚えてくれたり、モーニング・コールではゲストを起こさないように

ベッドサイド以外の2台の電話が鳴り、15分後に

再びコールしてくれるなど、サービスの徹底ぶりが

うかがえます。

 

マウイ リゾート

島の北西端に位置するカパルアは

島でいちばんとも言えるリゾートエリアです。

 

カパルア・ベイ・ホテル、ザ・リッツカールトン・カパルアという

2軒の一流ホテルとコテージ風のコンドミニアム、

カパルア・ショップスというショッピングセンター、

20面のテニスガーデン。

グルファー憧れの54ホールのカパルア・ゴルフクラブ、

そして全米一のビーチと評価を受けたこともある

カパルア・ビーチなどワンランク上のバケーションを

過ごすことができます。

 

カパルアの南のカアナパリはビーチ、ゴルフ場を中心に

ホテルやショッピングセンターを誘致していく

マスタープラン・リゾートの先駆けともなったカアナパリです。

現在では12件のホテル&コンドミニアムが建ち、ゴルフコースは36ホール、

広大な敷地のテニスコートや25のプールに

約50軒のレストラン&バーなど、

巨大リゾートに発展しています。

 

リゾート内の無料シャトルでホテル巡りも楽しめます。

真っ青なカアナパリ・ビーチを前に心地よい

リゾートライフが過ごせます。

 

島南部のワイレアはハワイで2番目の広さを誇るリゾート地です。

「魔法のように変貌を遂げた」といわれ、人気急上昇中の

ラグジュアリーリゾートです。

 

5ダイヤモンドに輝くフォーシーズンズ リゾートをはじめ

5軒の高級ホテルが軒を連ね、5か所の白砂ビーチが

点在します。

あまりに広いため、リゾートの中だけで存分に楽しむことができ、

ホテルの中で何もしない贅沢を満喫できます。

 

マウイ島の南東にあるハナは小さな町ですが、

「天国のようなハナ」と呼ばれ、

豊かな自然と静寂を保ち続けています。

 

ホテル・ハナ・マウイはリゾートの理想形ともいえるホテルで、

東京ドーム5、5個分の敷地に客室わずか66室という

贅沢な空間で、テレビ、ラジオなどはなく、

ただ自然の音に癒され、部屋のテラスのジャクジーに

浸かって海を眺めたり、他とは違う秘境のリゾートです。


 

シェトラン・マウイ・リゾート

 

マウイ島のホテルの中でももっともロマンティックな場所と言われる

カアナパリ・ビーチにあるのがシェラトン・マウイ・リゾートです。

 

客室のほとんどがオーシャンビューで、雄大な太平洋や

ハワイ伝説の女神ペレが作ったという神秘的なブラック・
ロックが窓から望めます。

 

誕生したのは1963年のカアナパリ・リゾートの開発が

始まったころで、古い歴史をもつ老舗ホテルです。

1997年には150億円をかけた大改装を終え高級ホテルとしての

進化を続けています。
客室はコア製の家具やビクトリア調のインテリアで整えられ

ハワイ王朝を彷彿させる上品な雰囲気にあふれています。

 

大改装で新しくなったプールは全長130mの流れるプールには

滝やウォータースライダーもあり、ジャクジーもあります。
プールサイドのバーでカクテルをすすれば

バケーション気分も盛り上がります。

マウイ島を代表するカアナパリ・ビーチがホテル前に広がり、

プライベート感に浸れます。

 

透明度が抜群によい海中では、サンゴ礁や

トロピカルフィッシュが見られ、ビーチにウミガメが

上がってくることもあります。 

 

ホテル前のビーチでダイビングをすることもできるので

気軽に海の中を覗けます。

もちろんシュノーケルやダイビングのギアはレンタルしてくれます。

 

ビーチまで30秒のビーチ・バーでホットドッグ
やハンバーガーにかぶりつくのもいでしょう。


レストランでの食事は豪華で多彩です。

多国籍料理、現代的なハワイの料理、一流のダイニングメニュー

など多岐にわたっています。

圧倒的な海岸の風景とハワイの影響をうけた

素晴らしいメニューを提供するカジュアルと現代的なダイニングの
2つのレストランがあります。

 

西洋と東洋の食文化を融合させた日本料理店もあります。
周りに高層ビルなどない解放的な雰囲気の中で

優雅な滞在ができるでしょう。

ハイアットリージェンシー マウイリゾート&スパ

ハイアット リージェンシー マウイ リゾート&スパは

ハワイのどのホテルとも一線を画したファンタジックなホテルと
言えるでしょう。

 

館内に吹き抜けのトロピカル・ガーデンがあり自然光が

明るい雰囲気を醸し出し、廊下には高級美術品が
さりげなく飾られ、長く宿泊しても飽きることがありません。

 

客室はハワイアンキルトをデコレートした

オリエンタル調の落ち着いたいた空間で、遊び疲れた体を

リラックスさせてくれます。


中庭には、全長40mのウォータースライダーや

吊り橋、滝、カクテルが飲める洞窟バーなどのある

巨大なプールがあり、南国ムードが満点のアミューズメントパークのようで

一日中遊んでも遊び足りないくらいです。


夜にはルアウショーも行われ、大人からこどもまで楽しめます。

野鳥やフラミンゴなどが放し飼いにされ、まるでジャングル
を探検しているかのようです。

 

テニス場やゴルフ場も充実し、ホテルの目の前には

白砂が続く美しいカアナパリ・ビーチが広がります。


ホテル内のスパ モアナはハワイ初のオーシャンフロントに

作られたスパで、ウェイティングルームには海風がそよぎ、

気持ちがいい造りになっています。

 

カップル用のメニューも豊富にそろい、海に面したカパナでは

2人一緒にマッサージを受けることもできます。

スパ モアナのオリジナルのオイルやボディケア用品など

ここでしか手に入らないものも購入できます。
ハワイでもっとも人気のあるスパなので混雑シーズンは

予約でいっぱいになります。


本格的な日本料理店やイタリアンレストランもあるので

食事もおおいに楽しめます。

ドレスコードがあるのでおしゃれしてでかけましょう。
 

マウイ ホテル

世界の有名人が訪れるマウイ島。そんな島での楽しみのひとつは

最高級のホテルで過ごすゴージャスなひとときです。
一流のホテルが軒を連ねるマウイ島ですが、

中でも島西武のカパルアからカアナパリ、南部に位置するワイレアから
マケナにかけては、最上質な豪華ホテルが集中しています。


カアナパリにある一流ホテルといえば、上品な雰囲気があふれる

老舗ホテルのシェラトン・マウイ・リゾート、

白砂が続くカアナパリ・ビーチを代表するホテルの

ハイアット リージェンシー マウイ リゾート&スパ

「奉仕の精神」にあふれる格調高いエレガントな

ザ・リッツカールトン・カパルア、

独自開発のベッドで天国の眠りを約束してくれる

ウェスティン マウイ リゾート&スパなど

どのホテルの非日常の空間でのマウイ島滞在を楽しめます。


ワイレアには権威ある全米自動車協会から

毎年最高ランクの5つダイヤモンドを受賞している

フォーシーズンズ リゾート マウイ アット ワイレア

9つのレストランやバー、4つのプール、ハワイ最大のスパなどを誇る

グランド・ワイレア・リゾート・ホテル&スパ、

ハワイ語で「白い天国」という名が表すとおり

白を基調としたおとなのくつろぎを重視したフェアモント・ケア・ラニ・マウイ、

2つのビーチにはさまれ広大な敷地に客室の8割が

オーシャンビューというワイレア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパなど、

こちらも一流のホテルが並びます。


いずれのホテルでも広いプールでのんびりと過ごしたり

目の前のビーチでプライベート感を満喫したり、

ホテル主催のルアウショーでハワイの伝統に触れたり、

おしゃれしてレストランでシェフ自慢の食事を味わったり、

マウイ島での滞在を演出してくれることでしょう。
 

マウイ コースト ホテル

マウイ・コースト・ホテルはカフルイ空港から約21km、
キヘイの中心に位置するホテルです。
コンドミニアムが多いキヘイでは貴重なホテルです。

3つの棟からなり、自分が宿泊する棟の前に
レンタカーを駐車できるので荷物はこびが楽です。

ロビーは明るく解放的で、廊下のじゅうたんや灯りも優雅な雰囲気です。
1999年にリノベーションされ、全265室ある客室はゆとりがあり、
清潔で、やさしい色調でハワイらしく上品にまとめられています。

小さいですがラナイもあります。アメニティも充実していて、
カモミールリンスインシャンプー、ボタニカルソープ、アロエローション、
アロエグリセリンなどこだわりがみられ、女性の宿泊客には
とくにうれしいサービスです。

ロビーに小さな売店があり、各棟の入り口に
ソーダ等の自動販売機があるので便利です。

偶数階にある洗濯機、乾燥機は無料で利用でき、
洗剤も自動販売機で買うことができます。

カマオレビーチにも近く、4つのショッピング・センターが
徒歩10分以内のところにあるなど立地もいいです。

プールは小さめですがあまり混雑することがなく、
日当たりがよく、気持ちがいいです。

プールサイドバーがあり、カクテルを飲みながらのんびりできます。
プールの両サイドにはジャグジーもあり、
ヤシの木に囲まれてリゾートさながらの雰囲気です。

テニスコートとフィットネスセンターもあります。
食事面も充実していて、プールサイドバーは夜まで営業していて、
生演奏が楽しめたり、フラのショーも開催されます。

通りに面してメインレストランはオープンエアで
優雅な気分で食事ができます。

レストランの料理はルームサービスでも利用でき、
たいへん便利です。ホテルにはシャトルバスがあり、
キヘイやワイレアまで行くことができます。
料金的なことを考えるとたいへん充実したホテルです。

2010年4月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ホテル

ハナ マウイ

ホテル・ハナ・マウイはマウイ島の東端にあるハナの町にあります。
全米のいくつもの旅行雑誌に「天国のような隠れ家」と
高い評価を受けるこのホテルでは、
リゾートのマウイとはまったく違った滞在ができます。

地球の楽園と呼ぶにふさわしい美しい自然環境と、
まるで自分家にいるようなくつろぎを
もたらしてくれえるサービスで日常から離れて、
心身ともに休息の休暇を過ごすことができます。

海を望むシーサイドルームのコテージで波の音を聞きながら、
体の芯から癒されるのを感じられるでしょう。

部屋はバスルーム、ラナイとも広く、ゆとりあるつくりです。
テレビはなく、外から聞こえる波の音、
小鳥の声を聞きながら静かな時間が流れます。

バーカウンターにはハナ・マウイのオリジナルコーヒー豆と
ミルが置いてあり、挽きたてのコーヒーの味を楽しむことができます。

冷蔵庫のアルコール以外のドリンク類とフルーツ、
バナナブレッドなどのスナック類がフリーといううれしいサービスもあります。
コテージタイプの部屋に宿泊すると南国の落ち着いたムードの中で、
よりリゾート感を盛り上げてくれます。

レストランも充実していて、食事だけでも十分満足できるほどです。
フレンチ、イタリアン、地中海、アジアンの各料理を
経験豊かな料理人たちが腕をふるいます。

明るい光の中での朝食もドレスアップしてのディナーも
ゆったりとした時間の中でたっぷりと味わうことができます。

リニューアルしたホウナ・スパはメニューも豊富で、
時間の流れを忘れるほどにリラックスできます。

町の喧騒から離れてハワイの自然の力を体に浸透させ、
真の癒しのひとときを過ごすことができるホテル、
フレンドリーであたたかいスタッフと緩やかな時間の流れを思うと
何度でも行きたくなるような、特別なホテルです。

2010年4月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ホテル

ウェスティンマウイ

日本人にも人気知名度が高いウェスティン マウイ リゾート&スパは
2005年に大幅なリニューアルを終え、
新たに大規模なスパもオープンさせました。

「ヘブンリー」をコンセプトにまさに天国にいるような
極上の滞在を約束してくれます。

ゲスト専用プールはハワイ諸島をイメージした
大小5つのプールにわかれて作られていて、
全長45mのウォータースライダーやラグーンなどもある
アクア・プレイ・グラウンドは大人からこどもまで楽しめます。

プールサイドのバーで水着のままカクテルをすすりながら
のんびりとした時間を過ごせます。
ビーチサイドのレストランではウェデングが行われることもあります。

各部屋にはコーヒーメーカーと無料のコーヒーがサービスで置かれ、
窓からは真っ青なカアナパリ・ビーチや鮮やかなグリーンの
ガーデンビューの眺めが広がります。

ウェスティンマウイ自慢のヘブンリーベッドは
海外では珍しい羽毛布団を使用していて、寝心地は抜群です。
クジラがやってくる時期には部屋からクジラを見ることもでき、
双眼鏡も用意されています。

ホテル内にあるヘブンリースパ バイ ウェスティンは
世界に先駆け2004年にオープンしたウェスティン系列初のスパで、
使い心地にこだわるホテルだけあって、アメニティ、施設ともに
追及された快適性は夢心地です。

海を望むロビーはホテルのリッチ感があふれ、
ロビー奥のリラクゼーションスペースではトリートメントが始まるまで、
ゆったりと読書などをして過ごすことができます。

クラの農家が育てたラベンダーを使ったり、
マウイ原産のアロマオイルを使用したトリートメントが受けられます。

ハワイでは珍しい水を使ったエステの水治療用法や
水の渦の中に浸かりマッサージ効果やリラックス効果が期待できる
過流浴用の風呂など独自のこだわりが感じられます。

2010年4月 7日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ホテル