マウイ・トロピカル・ソープ

マウイ・トロピカル・ソープ

マウイ・トロピカル・ソープはカフルイにある小さな会社で作られています。
3000平方フィートの広さを持つ近代的な工場では
伝統的な製法と新しい方法を融合し、ほとんど手作りで製品が作られています。

工場に機械は少なく、高い技術をもった
熟練の職人たちの手作りによってトロピカル・ソープは生まれます。

原料の混合、成型、包装、梱包、さらに各工程での
品質検査まで手作業で行われています。

原料は100%植物由来の成分で、
使用しているオイルの8割以上は天然オーガニックです。
残り2割も健康にこだわる人が好んで口にするような食用オイルを使用しています。

ココナッツ、パーム、オリーブ、ククイナッツ、マカデミアナッツから
抽出したオイルをベースに5種類の商品が作られています。

ククイナッツは数百年も前からネイティブ・ハワイアンによって
その健康的成分を発見され、ククイナッツから抽出されたオイルは
日焼けなどから肌を守ったり、乳児の沐浴などにも使われてきました。

現在はさらにシアバターが加えられ驚くほどの品質になりました。
シアバターはアフリカのシアの木の実からとれるオイルで、
皮膚を柔らかくし肌をしっとりさせることで有名ですが、
その効用はココアバターなどをはるかに上回ります。

栄養たっぷりの植物性オイルは肌をしっとりと柔らかくし、
うっとりとするようななめらかな泡で肌を洗いあげうるおいを与えてくれます。

マウイ島に咲く花やドライハーブ、オーガニック穀物、植物の粉末、
エッセンシャルオイル、希少なフレグランスオイルなどの貴重な
原料をふんだんに使っていて、豊かでクリーミーな泡がたち、
体だけでなく顔も洗え、体全体に使えます。

コールド・プロセスという非加熱処理で作られるため、
必要以上の熱を加えないので素材そのものの特徴や恩恵が充分に残っています。
パッケージもハワイらしく南国を思わせるような包みで、
お土産にはもちろん、自分で使用するためにも
マウイ島にいったらぜひ購入したいもののひとつでしょう。

2010年4月11日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マウイ島

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/61

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)