ノースショア サーフィン

ノースショア サーフィン

ノースショアは世界的に有名なサーフィンのメッカで、
世界中からプロ、アマを問わずサーファーたちが
集まります。

特に冬季はアリューシャン列島から押し寄せる
ビッグウエーブがサーファーたちの熱を熱くします。

ノースショアはにわかに活気づき、人々の
話題の中心は波に挑戦するサーファーたちで
もちきりになります。

ノースショアで初めてサーフィンにチャレンジ
することももちろんできますが、
波が高いので上級、中級者向けのビーチでは
注意が必要です。

パドルアウトするときにじっくりと海の様子を見て、
ローカルたちがどこからレントに乗るのか
確認しましょう。
無理は禁物です。

ノースショアでサーフィンをする場合、
荒波の中で泳げることが絶対条件です。
陸から見る波のサイズを実際にブレークポイントへ
行ったときのサイズとでは大きな差があります。

11月に入ると、トリプル・クラウンと呼ばれる
ツアーが行われます。
これはハワイアン・プロ、リップ・カール・カップ、パイプ
ライン・マスターズの3大会のことで、
トリプル・クラウンのチャンピオンにならなければ、
一級のサーファーとして認められません。

サーフィンをしない人でも、これらの大会に参加する
トップサーファーたちのくりだす妙技は
一見の価値があります。

ワイメア・ビーチには、ハリケーンの影響で
11月から12月をピークに6m以上の
ビッグウエーブが打ち寄せることから、
上級者向けのサーフ・ポイントとして知られます。

サーフィンだけでなく、ボディサーフィンを
楽しむ人の姿も多く見られます。

またときとして、ワイメアには信じられないほど
大きな波が押し寄せることがあり、
想像を絶するような高さの大波に初めて
乗った伝説のサーファー、エディ・アイカウの名を冠した
サーフィン大会も行われます。

ワイメア・ベイ・ビーチパークの入り口には
「キング・オブ・ワイメア」エディ・アイカウの
記念碑があります。
 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/124

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)