ワイキキ トロリー

ワイキキ トロリー

ワイキキの町では必ず見かける
ワイキキ・トロリーは、19世紀に
カリフォルニアで使われたストリートカーの
レプリカです。

カラフルな車体にゴールドの文字、
オーク材を使ったインテリア、車内の装飾は
クラシック調で、窓ガラスがないので、
気持ちよいワイキキの風を感じながら
ホノルルの町の中を見物することができます。

主要ラインはレッド、ピンク、イエロー、
ブルーの4ライン+ワイケレへの送迎ツアーで、
コースによって車体につけられた旗が
色分けされているのでわかりやすいです。

アロハスピリッツあふれるドライバーの
ガイドと日本語のナレーションを聞きながら
進むトロリーツアーでは、
途中ホノルル市内に数多くある停留所で
自由に乗り降りできるので、
自分のスケジュールにあわせて
好きなだけ好きな場所でオリジナル
市内観光を楽しむことができます。

ハワイ歴史観光コースのレッドルートは
DFSギャラリア・ワイキキからスタートし、
ダウンタウン、ビショップ博物館、
アロハ,タワー・マーケット・プレイスなど、
市内の主要ポイントに停まります。

ピンクルートのアラモアナショッピングコースは
ワイキキとアラモアナ・センターのあいだを
片道20分、往復40分でダイレクトに結ぶ
路線です。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、
アクア・パームス&スパ、
キング・カラカウア・プラザ
などに停まります。

ローカルショッピングコースの
イエロールートは、アラモアナ・センター
周辺のショッピングスポットを巡るコースで、
2回目以降のハワイという人にお勧めです。

アラモアナ・センター始発で、一周約50分で
巡回し、マウイ・ダイバーズ・ジュエリー、ドン・
キホーテ、ワード・センターに停まります。

ブルールートはシーサイド観光コースで、
オアフ島南東部の人気観光スポットを回ります。
DFSギャラリア・ワイキキを出発し、
ホノルル動物園、ワイキキ水族館、
ダイヤモンドヘッド・クレーターなどに
停まり、潮吹き穴も車窓から見ることが
できます。

南東部のハイライトを網羅した人気の路線です。
カメラやビデオは必須です。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/165

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)