ワイキキ 汚水

ワイキキ 汚水

巨大リゾート地ワイキキの汚水は
下水処理施設に集めてから海に
流されます。

場所的に下水施設と連絡できない
高山の上の公園などには科学処理の
トイレがおいてあります。

ワイキキを歩いていると雨水を
流し込む排水溝の蓋の上には
魚の絵が描いてあり水は直接海に
入るので物を捨てないように、
と注意書きがあります。

2006年に大雨がふり、
ワイキキの汚水が海に流れる
という事態が起きました。

クヒオ通りの老朽化した配水管が
破裂し、汚水がワイキキの背後の
アラワイ運河にまず流れ込み
アラモアナ公園の
ヨット・ハーバーのところから
ワイキキビーチに流れ出ました。

下水処理施設は修理されましたが、
アラワイから
モア・サーフライダー・ホテル前の
海岸までの海域が腸球菌や
ウェルシュ菌などのバクテリアで
汚染され、ケワロ湾から
モアナ・ホテルまでの
ワイキキビーチは閉鎖されました。

リゾート・ビーチのはず
ワイキキビーチには砂浜で
寝そべる人ばかりで、海に入る
人はなくサーファーも
見当たらず閑散とした状態でした。

海面はきれいなマリン・ブルーでも
海底には細かな沈殿物があり底が
バクテリアの温床になってしまい、
近海で海水浴をしたひとの話では
耳の調子が悪いとか、
お腹が下ったなどという事態も
あるようです。

島の東側のビーチでは、
ワイキキを避けた観光客が
多く集まり、
シュノーケリングで人気の
ハナウマ・ベイや、
波が高く水遊びには適さないと
言われるサンディー・ビーチにも
多くの観光客や地元の人が
きれいな水を求めて集まりました。

老朽化した配水管は巨大な亀裂が
発見され、修理が済んでからは
汚水流出の危険はなくなりましたが、
ワイキキの下水道工事は2年間を
費やして行われ、工事の騒音や
交通規制が行われましたが、
ワイキキの住民たちは
「長年の下水道問題が解決するなら
当面の不便も苦にはならない」という
見方が多いようです。

汚水流出やワイキキビーチの
遊泳禁止は日本ではあまり報道されず、
事態を知らずにハワイを訪れて
びっくりする人も多かったようです。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/180

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)