ワイキキ コミュニティセンター

ワイキキ コミュニティセンター

ワイキキの山側、ワイキキ・バニヤンの
隣にあるカルチャーセンター
「ワイキキ・コミュニティ・センター」
ではお手頃なビジター料金で
長期滞在や地元の人々と一緒に
フラやリボンレイなどを体験できる
カルチャー・レッスンを受けることが
できます。

週3回行われるフラ・レッスンは
日本人もたくさん参加し、
ショッピング・センターの
体験レッスンより本格的に、
じっくりと学ぶことができ、
人気があります。

夫婦やカップルで参加する人も多く、
その場合は料金がお得になります。
クラスにもよりますが、
1クラス20~50名ほどで、
夏は混みます。

リボンレイは生花のレイを
サテンリボンで編んで本物そっくりに
再現するレイです。

週2回行われ、日本人がオーナーの
ハワイアン・クラフト・ショップの
人は講師なのでビギナーでも
安心です。

チャイルドケアとプリスクールの
プログラムは6週間の赤ちゃんから
5歳までが対象で、小さな子供連れの
ママも、子供を預けて安心して
教室に通うことできます。

英語のみでの託児体験ができます。
また大人向けの英会話プログラムも
あります。

ウクレレやテコンドーのクラスも
人気があり、ハワイで本格的な
習い事をするいい体験ができる
でしょう。

火曜と金曜の朝7時からは、
「ファーマーズ・マーケット」と呼ばれる
朝市が開かれます。

ハワイの人は朝早起きなので、
早くから出かけて覗いてみると
面白い発見があるかもしれません。

地元の人々が普段着で訪れる市なので、
なんだか生活感のあるホッとした
空間です。

品物はどれも地元でとれた
新鮮なもので、パックされたものや
バラ売りのものがあり、
価格を段ボールなどに
書きなぐってあるところが
いかにも朝市といった
感じです。

野菜は人参、ピーマン、大根、
長ネギ、キャベツ、レタス、いんげん、
ナスなど、フルーツはキウイ、
パパイヤ、マンゴー、バナナ、
パイナップル、プラムなど
種類豊富です。

日本のものと少し違っている
ものもあり、見てまわるだけでも
楽しめます。

 

2010年10月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワイキキ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/213

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)