コンドミニアム

コンドミニアム

ハワイに暮らしているかのような気分が味わえるコンドミニアム。
ユニットの間取りがゆったりしていて、ただ寝るだけの
ホテルと比べ「生活空間」があります。

料金的にも、2人で高級ホテルに泊まる金額で
6人が泊まれてしまう2ベッドルームユニットが借りられます。

せっかくのコンドミニアムライフも、施設を使いこなせなければもったいないです。
ハワイを満喫するためにもポイントは押さえておきたいですね。

コンドミニアムで泊まると人数が多ければ多いほど
ひとりあたりの支出は少なくなるのが
ファミリー旅行や小グループの旅行にはおすすめする所以です。

ベッドルームとは別にリビングルームがあるというのは、
ホテルでいえばジュニアスイート以上にあたり、
しかもホテルのスタンダード料金で泊まれるのだから
ぜひゆとりの生活空間がある部屋を利用したいですね。

1BRなら4人まで、2BRなら6人まで同料金で泊まれますが、ソファを利用します。
ほとんどのコンドミニアムの居間に置かれているソファは
昼間はくつろぎのスペースとして、夜はベッドとして活躍します。
広げると大人なら2人はらくらく余裕で横になれるサイズです。

キッチンにはフライパンなどの調理器具・食器一式はユニットの定員分揃っています。
コンロやオーブンはすべてガス式です。

キッチンの広さはコンドミニアムの大きさによって異なりますが
冷蔵庫やコンロ、流しはもちろん大型タイプになると
電子レンジや食器洗い機もついています。
旅先でも食費を節約しつつ旅先ならではの料理が楽しめます。

コンドミニアムを借りるときは必ず不備がないか確認しましょう。
電機や水道に不備はないか、あったらすぐに管理人に連絡し、
修理してもらうか部屋を変えてもらいましょう。

またカーペットにシミはないか、洗濯機は動くか等、
細かいことも利用前に申告しておかないとチェックアウト時に
こちらの不注意とみなされ料金を請求されることもあるので注意しましょう。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://1mmy.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)